2016年11月 1日 (火)

車の買い替えには無料査定を

車の乗換えを検討しているんです。

『下取』vs『買取』、どっちがおトクなんでしょうか?
乗換えの際、今乗っている車はどうしたほうがいいんでしょう。

『下取』に出すにしても、下取だと、新車の値引き価格と下取車の価格が一緒にされて、本来の価格より格安な下取価格になってしまうこともあるんだとか聞きますし...。

また最近よく聞く、『車の買取・査定』なら中古車専門買取店、ということでそんな心配はありません。
複数社の査定額を比較できる、carview の愛車無料査定であれば、ちょっとしたオークション状態になって、もっとおトクになるんじゃないかと...。

比べて売れば得をする、高く売れるなら、複数社に一括査定依頼しましょう。
カービューの買い取り査定サービスなら、わざわざ中古車専門買取店に出向かなくても、在宅で簡単に一括査定のサイトから申し込みは出来、一度の入力で複数社に査定依頼が可能〔無料〕になり、また出張査定を行ってくれるんだそうです。

買い替えを検討中であれば、carviewの愛車無料査定を利用しましょう。
査定依頼は、サイトで簡単約1分の入力で完了。
後は在宅で無料出張査定を待つのみ!

・複数社の買取店ネットワークで比べて納得!
・おトクな乗換えの第一歩は、車の現在価格を知ることから、始ります。


エクストレイルはいくらで売れる?

日産の人気SUV車、エクストレイル
最近は新車の市場よりも、中古車市場が拡大していると言われています。

そろそろ買い替えの時期になっている方もいると思いますが、エクストレイルはいくらで売れる? のか、少しでも高く売れて欲しいと思うのがみんなの願いです。

そこで紹介したいところがありまして、日産の公式ディーラーによる中古車販売なんですが、公式ディーラーでも通常の買い取り専門店と、査定のポイントはあまり変わりません。
でも、日産車の査定ですから公式ディーラーの方が安心かもしれません。

日産カウゾーは日産の中古車買い取り・査定サービスのことです。
日産U-CARSの販売網があるので、仕入れの中間マージンとか、オークションを通さないので中間マージンを省けます。

カウゾーなら刻々と変化する中古車買取相場を確実に把握し、適正な中古車査定価格、すなわち愛車の査定金額を提示します。

2016年4月17日 (日)

ムーブの買取査定にあたって

中古車の買取は、一社だけではその値段が相場なのか、難しいですから、オンラインの一括査定による、複数の会社を比べることは、今や常識になってきていますね。

たくさんの方が持っている、人気のムーブを売りたいのでしたら、ムーブの売買を得意としている中古車買取専門店に依頼するということも、より高値をつけてもらうためのポイントです。

そのような専門店は、得意な車種でしたら、買い手もたくさん持っているので、高値で買取しても、すぐにさばける自信がありますからね。
ですが、それが書いてあるわけでもありませんから、こうした専門店を探すにもネットの一括査定は便利なのです。

たまたま買取依頼した専門店が、ムーブの売買を得意としていた店、というようなこともないと思いますので、複数の専門店をじっくりと比較してみてくださいね。

2016年4月16日 (土)

車の買い替え時かも

現車がもうかれこれ5年以上経っているので、そろそろ新しい車に乗り換えたいと去年くらいから考えていました。
ちょうど車検も3月で切れることだし。

よく、車を手放す方法は、新車購入店で下取りに出す方法と買い取り専門店に買い取ってもらう方法があると聞きますが、どちらが良いかは一概には言えそうもありません。
どちらもメリット、デメリットがあるようです。

どちらにしても、ちょうど2月、3月、6月、7月、12月という時期は、ディーラーや中古車買取業者の、決算期とかボーナス期に当たるので、現車を高く評価してもらえる時期という事が分かりました。

もう車を手放す決心はつきました。 あとは、どの方法で売るかですね・・・

2015年6月27日 (土)

中古車の下取りと買い取り

マイカーを乗り換えるときには、これまで大事に乗っていた車を、下取りに出す人が多いようです。
それは中古車専門店に持ち込んで、買い取りをしてもらうよりも、下取りしてもらうほうが、査定額が高いと思っているからです。

でもそれは必ずしもそうとは限りません。
査定ポイントを考えれば、買い取り専門店のほうが高い査定になる可能性もあります。
買い取り専門店が欲しい車であれば、査定は高くなるからです。

このように中古車を売却する時のポイントは、求めている人に売却することです。
結果的には双方とも満足できるのです。
もちろん、走行距離や年式、車の状態によって価格は変わってきます。

とにかく、いずれ中古車として買い取ってもらいたいと考えているならば、大事に使うことですね。

2014年10月22日 (水)

車の査定ポイント

いよいよ車の買い替え時期が近づいてきました。
買い替えることは楽しいですし、ワクワクします。

それには、中古車査定が少しでも高くなるようにコツを勉強して、査定に持ち込まないといけないですね。
車の査定ポイントを上げるには、どうすればいいのかポイントを見ていきましょう。

・なかでも、業者選びは重要なポイント
・車の査定前には、必ず洗車・車内清掃・トランクルームの整理をする
・日頃からまめにワックスがけをし、小さなキズは直す

・パーツや装備は外さない、車内装備は動作確認する
・保存しておいた純正品を用意する
・整備記録簿と保証書を用意し、事故や故障を伝える

・アピールポイントを把握しておく
・査定額には有効期限がある


2014年3月21日 (金)

プジョー207はいくらで売れる?

car プジョーに乗っていますが、同じようにプジョーをお持ちの方、これからは、プジョーに乗ろうと考えている方は、一緒に考えましょう。
今後プジョーを売ろうとする時が、必ず訪れますよね。

その時に、車買取相場以上の値段で売れたら、とっても嬉しく、またそれが資金となるはずですから、言うことありません。
ではどのようにしていけばいいんでしょうか?

<洗車>
・これが基本的な車の点検の方法になりますが、言うまでもなく、洗車をすると隅々まで車を見ますよね。
・キズ、へこみに気付き、直した方が良い部分を早めに見つける事で、修理代を安く済ませる事ができます。
・大きなキズはプロに相談して、売る事が決まっているのであれば、修理するとか修理しないなど、決めていくと良いと思います。

<タイヤのチェック>
・空気圧、溝の深さ、安全上の問題も見つけられます。

<エンジン回りのチェック>
・エンジンオイル、ブレーキオイル、冷却水、ウォッシャー液は大丈夫か、ライトなど、色々見るポイントがあります。

チェックをきちんとして対処していれば、長く車を乗れますし、車を売る場合にも車買取相場も高めに設定される事になると思います。
プジョー207はいくらで売れる?のか、査定を受けましょう。

2013年9月30日 (月)

車の燃費と初心者

車の燃費と初心者の運転の関係について考えてみましょう。

一般的に燃費を向上させるための、運転方法があります。
急発進、急停止などは燃費を悪化させてしまいますが、初心者の運転は燃費を悪くしているのですね。
比較の問題ですから、すべての人がそうだということではありません。

ただ、最近の車は燃費向上のための色んな仕組みを備えるようになってきており、アイドリングストップもその一つです。
人間が考えなくても、自動車の方が考えてくれているのです。

初心者の運転技術の未熟さを、カバーしてくれるテクノロジーが出てきました。
もちろん、初心者だけではなく、誰でもがその恩恵を受けるんですが、ただ車の運転をしていると別人になると言われている人は多いですね。
それだけ運転が荒くなるのです。

エコな運転を心がけるということは、簡単なことではなく、自分の運転だけで一生懸命になっている初心者に燃費を良くする運転を望むのは無理なのです。
運転に慣れてから、燃費のことを考えるようにして、事故を起こさないように気を付けることですね。

2013年7月27日 (土)

車の重量により燃費は左右される

車の重さは燃費を考える時の、大きな要因になると思います。
ハイブリッド車の場合は、普通自動車と比較して、モーターや電池といった電装品がたくさん搭載されていますので、普通自動車と比較してみると、車両本体の重量は重いという事になります。

ですから、その重い自動車を走らせる為には、多くのエネルギーが必要になるのです。
つまり、ハイブリッド車の燃費についても考えてみると、ハイブリッド車を作る上で増やさなければならなかった重さが、車が走る事で与えられる影響を考えないであれば、燃費が良いという事になります。

このように、車両自体の重さが重くなると、燃費も悪くなってしまいますので、ハイブリッド車でもやっぱり運転の仕方も、気にしなればならないという事なのですね。

しかし同じクラスの自動車と比較してみると、重さが増えた分だけエネルギーは消費される事になってしまうので、燃料も余分に必要になってきます。

2013年3月26日 (火)

車の個人売買とパーツ

個人売買サイトで車本体を売却することもできますが、それよりも盛んに、パーツ単位での売買がされていますね。
個人売買に向いているのかもしれません。
車を売買するケースには、いろんな手続きが必要になります。

あなたの愛車はいかがですか。
パーツ交換したいがものが、あるのではないでしょうか。
であれば、個人売買のサイトに一度アクセスしてみましょう。

パーツ類には、例えばタイヤやホイール、マフラーなど自分で交換したりする人も、たくさんいますよね。
そのような場合には、パーツの個人売買を探してみましょう。
小さなものならば送料もそんなにかかりませんが、大きなものなら地理的な条件を、確認する必要がありますね。

パーツ売買のメリットは、余ったパーツを売却することができることと、安く購入できることです。
もちろん、新品ではないですから、少しの傷などは許容しなければなりません。
それでも実用上問題がなければ、問題ないのです。